はなの妊活日記

27歳で結婚した私が41歳で出産するまで

つくづく妊活中で良かったと思ったこと。

こんにちは。

 

前回は、メンタルを落ち着かせることで妊活で重要な「ゆるゆるする」ということが解ってきたというお話でした。

 

子供は出来ないし、病気でもないのに、体のことを色々気をつかっていた時期なんですが、つくづくこれが妊活で良かったと思ったことがあります。

 

それは、妊活って子供を作ることなんですが、子供ができないって病気じゃないんです。だから、ちょっと間違ったり、寄り道したり、余計なことをしていても、歳は取りますが、病状が悪化するわけではないということ。

 

妊活が長引けば長引くほど、誰にでもある黒歴史

例えがいいかどうかわかりませんが、もしこれがガンだったとしたら。。。ちょっと寄り道している間に、最悪、取り返しのつかないことになることだってあります。

 

病院だって沢山あって、色々な治療法があります。同じ体外受精でも先生の考え方ひとつで全然違った治療法になります。

 

自分がもし重大な病気になった時に、どう調べて、どう選択して、どう治療していくか、シミレーションが出来た気がします

 

それと、絶対に治るとか、一瞬で良くなるとかいうことは何もないということ。

 

どう生きていったら健康で長生きができるのかも大体わかってきました。

(簡単に実践できないこともありますが)

 

ある整体で、このまま生きていたら大変なことになっていたといわれたことがあります(呼吸が浅くて)

あのまま生きていたらどうなっていたんだろう?

 

わたしにとって妊活は一度立ち止まって生き方を見直すいい時間だったと今は思います。

昔、がん保険のCMで「ガンになっていい子を辞めました」というCMがありました。気が付くタイミングはひとそれぞれですが、わたしには妊活がそのタイミングでした。

 

 

 

 

妊活中、もっと気楽にといわれても・・・ゆるゆるするってどういうこと?

こんにちは。

 

治療には失敗してしまいましたが、何か他にいい方法はないものかと模索中のお話です。

 

治療中もよく見かけた言葉なんですが、妊娠するには「ゆるゆるすれば赤ちゃんはやってくる」とか「リラックスが大事」と言われています。東洋医学系の本によく乗っていることです。

でも、私の場合、会社も辞めてほぼニートだし、1人暮らしだから誰にも干渉されずやりたいことをやりたいようにやっていました。ある意味、恵まれた環境ですが、これ以上、どうやってゆるゆるすればいいのだ?

「環境は整えたよ!でも赤ちゃんこないよ!」

という感じでした。

 

もう、生まれてこのかた、40年近く過ごしてきた生真面目な性格のせいで、ストレス解消も真面目にやっちゃったんですね。

 

ヨガの合宿に行ったときに気が付いたんですが、私、数十年来の肩こりだったんです。でも、肩こりが日常になりすぎて肩が凝っているという現状にも気が付かなくなっていたんです。怖いですね〰。

 

そしてもうひとつ、ヨガの合宿でやったこと。私はこれまで聞いたこともなかったんですが、インナーチャイルドという、内なる子供と言われるものと対話するワークのようなものをしました。

子供時代の環境や生い立ち、かけられた言葉などによって、今現在、自分の思考のベースになっているということです。パソコンのOSに例えられますが、子供時代の記憶がOSでそれをベースに今、思考を行っているということです。

正直、ヨガの合宿中には対話できなかったんですが、終わった後、様々な気づきがありました。

そして、そうか!わたしってだからこう考えているんだ!(こう考えてしまう癖があるんだ)ということが、徐々に明らかになってきました。

 

三姉妹の末っ子で、可愛がられてきたけど、出来るお姉ちゃんに比べて、いつも自分は半人前、味噌っかす。みたいなセルフイメージ。可愛がられるために、ピエロになるのは得意。姉の真似をして育ったので、要領よくなんでもこなすけど、簡単にできてしまうので、達成感がない。器用貧乏。自己肯定感の低さから罪悪感を持ってしまいがち。

何でも自分のせいか?と頭の中でセルフトークが始まってしまうクセ。

 

そんな考え方のクセを見つけて、どんどんポジティブなものに書き換えていく作業をしていたのもこの頃でした。

 

そのころ好きだったヨガの先生の言葉。

「後悔しません」「(今、もし失敗してしまったと思っても)それが今の自分の現在地(そこから成長していけばいいよという意味)」

 

そうこうしていくうちに、どんどん自分軸ができ、精神的にもどしっとしてきて、肩の力が抜け、もしかしてゆるゆるするってこういうことなの?という感じになってきました。

 

環境を整えたり、体を休めたり、そして精神を休めるためには、自分の思考のクセや価値観を、今、心地よく生きていくために書き換える事って大事なんだな〰

と思う日々でした。

 

そして、オタクな私は心理学の学びが面白くなっていき、はまっていきました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

告白すること。カミングアウトの重要性

こんにちは。

 

妊活中は、病院通いも疲れたし、お金もかかりました。

お金は正直1000万円程使いました。

病院での治療費プラス、二人で通った針灸、整体、漢方、私の心理学の学び、夫婦二人で心と身体を整えるため、ギリシャにヨガのトレーニングへ行ったのなど合わせれば、ですが。

ここまでくると妊活というよりは、人生を改造させてる感じになってきていました。

 

でも、今振りかえってみるとこの時期が非常に大事で、これがなかったら、私はまともな子育てができていたのだろうか?と思います。

 

子供ができていなかったとしても、夫婦二人の関係もこの時を通して大きく修繕していったように思います。

 

お金についての価値観もここで大分かわりました。

これまでは、お金があったら何でもできると思っていましたが、赤ちゃんはきてくれませんでした。

いくらお金をつぎ込もうとも、妊娠することはありませんでした。

お金はただ道具に過ぎない。でも、選ぶ自由をくれました。

治療を続けるか続けないか、お金があるないではなく、自分がどうしたいかで選ぶことが出来ました。

311があって、家を買うのを辞めたので住宅ローンなどがなかったのが功を奏した形でした。

そして、金銭面を気にすることなく、興味がある整体院やヨガの教室などへも多く通うことができました。

そこは本当に一生懸命働いてくれる大ちゃんに感謝でした。

 

洗脳騒動の整体教室もそうですが、いつでもどこでも「なぜここへ来たのか?」と聞かれると、私は「子供が欲しくて、でも出来なくて」という話をしていました。

そうすると全ての場所で、すごく親身になって、「このまえ47歳で出産した人がいる」とか、「ここへ子供が出来なくて来てた人、無事に妊娠したわよ」とか励ましてくれました。

自信がなくなっていた私はお金と時間を使って、「まだ大丈夫」という言葉をもらいに行っていたのかもしれないと、今では思います。もちろん、カラダも使いやすく動きやすく良くなっているんですが。

 

あるヨガ教室へヨガ友と一緒に行った時のことです。

友達も40歳、既婚、子供なしです。夫婦できにくい体質で積極的に妊活はしていないようでした。

私は、いつものように「子供ができなくて」と話すと先生から、沢山の励ましの言葉とともに、ヨガ教室に付属されてる鍼灸院に腕のいい女の先生がいるから紹介するから、と言ってもらいました。

後になって、一緒に行った友達とじっくり話す機会があって、「なんで<はな>ばっかり(親身になってもらえるんだ、するい)」みたいな感情があったと聞きました。

そんな心の小さい自分を責めてしまうとも言っていました。

そっかー。と答えるしかなかったですが、私と彼女の差は相手に自分の状況を伝えたか伝えなかったか、それだけです。他人と自分、なかなかテレパシーってないです。

 

他にも、妊活中と話していた友達には、自分が妊娠できた芸能人も通う整体院を紹介してもらったり、病院の話、色々な情報も集まりました。

 

情報があふれる世の中で、どの情報を採用するかは自分自身です。でも、「自分は子供が欲しいのにできなくて困ってます!」と発信することで、いい情報も集まります。応援もしてもらえます。いい出会いもあって、私の場合は、子供を諦めない力、ひいては自分自身を諦めない力、をそこで得ていた気がします。

 

妊活前半はなかなか自分が不妊であるということを認めることが出来ず、人にも言えず、一人悶々としていました。でも勇気を出して話してみると、世の中はこんなにも暖かいということを知った出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ妊娠に酸素が重要だと思ったか

こんにちは。

 

前回は怪しい整体教室に通っていたお話でした。

 

整体教室も1年くらいは、カラダも本当に変わっていって、いい状態になって来ているのが実感できたのですが、1年で小康状態になりました。

最近、あんまり変わらないな〰、それが辞める理由でもありました。

 

ヨガでもそうですが、その整体教室でも「呼吸」を大切にしていました。

呼吸が変わると生き方が変わるとまでいう人もいます。

 

呼吸というのは、身体の内側の動きを、心臓の鼓動や内臓の動きと違って、唯一、自分の意志でコントロールをすることが出来ます。肺や横隔膜の動きをコントロールすることが出来るという意味です。

呼吸は、心身全体の調和をもたらすため、それを意識的に行う為の様々な呼吸法があります。ゆったりと深呼吸すると心が落ち着いたり、すがすがしい気持ちになったり、というのは誰でも経験があるかもしれませんね。

 

でもですね、わたしも呼吸法習ってやってみたんですが、体の呼吸筋と言われる呼吸をするための筋肉が硬かったり、胸椎という背骨の動きが悪くて、なかなかゆったりとした気持ちの良い呼吸というのが出来ないでいました。そりゃ、何年も気苦労を重ねていれば胸椎も固くなるっていう状態でした。

 

そこで、ヨガに加え整体教室へも通って、呼吸をしやすい体にしようと思いついたんですね。

 

ちょうど、その辺りの時に、ふとあるテレビ番組を見たんです。テレビ東京という東京ローカルのTV番組で、宇宙のなりたち、というテーマの短い番組でした。

地球は、ビックバンが起きて、大量の酸素が放出されて微生物が育ち、氷河におおわれ、またビックバンが起きて、大量の酸素が放出されて、前回の微生物が少し成長し、また氷河におおわれ、またビックバンが起きて、大量の酸素が放出されて、微生物が魚になり、氷河になり、

ビックバン→大量の酸素→微生物の成長→氷河・・・これを繰り返し、人間が出来上がりとうお話でした。

 

どうして大量の酸素が放出されたかは未だわからないようですが、私はここで大きなヒントを得ました。

 

もしかして、私の受精卵も大量の酸素があれば胚盤胞までいくのではないか?大量の酸素があれば、胎児、ひいては子供にまで細胞分裂することができるのではないか?というヒラメキでした。

 

このヒラメキがあって、呼吸を研究したり、酸素を上手に取り入れるには、どうしたらよいのか?という研究が始まりました。

 

やはり呼吸には、精神様態が大きくかかわります。

落ち込んだ時、猫背でうつむいていたら胸いっぱいに吸うことができないですよね。

逆に、心が晴れやかで上向きの気持ちなら胸を張って呼吸もしやすいはずです。

姿勢という意味では、視点が近いもの、スマホを見るなどの行為は呼吸を浅くしてしまいます。

 

整体やヨガでまずはこのあたりの姿勢や硬くなった筋肉をほぐすことからはじめました。

 

同時に骨盤周りの動きをよくすることで、子宮や卵巣に血流を流しやすくすることもやっていました。

 

この頃には冷え性もすっかり良くなり、一見、元気ハツラツな30代後半になっていました。

 

つづく。

 

こども欲しさに洗脳される??

こんにちは。

 

不妊治療も失敗に終わり、これからどうするか、というお話です。

 

治療中も、鍼に通ったり、漢方を飲んだり、骨盤矯正の整体へ行ったりと、様々なことをしていました。

 

鍼は腕の良い中国人の先生が近所にいて、そこに夫婦で通っていました。今となっては効果があったのかどうかわからないですが、鍼に行った日は、体がポカポカして、夜はよく眠れていました。

 

漢方は、どうせ飲むなら一番よさそうなのにしよう!ということで広尾にある北里大学東洋医学研究所に通い、産婦人科医で東洋医学の先生でもある女医さんに、診察を受けて、西洋医学的な問診と東洋医学的な舌やお腹の腹圧を見るという診察で、その時々の体調にあう漢方を処方してもらっていました。

権威主義的ですが、すごく信頼が出来ました。ですが、

この漢方は毎日、やかんで煎じて飲むタイプのもので、とにかく手間がかかることと、正直マズイ・・・。

 

半年たったころ、とある本に、「漢方も薬だから副作用がある。そして、それを飲むことは潜在意識に毎日、自分は●●(私の場合、不妊)という病気だと言っているようなもの」という記述がありました。つまり漢方を飲むことは、毎日毎日、自分自身に「私は不妊だよ」と暗示をかけていることと同じだということです。

マズイし手間がかかることもあって、この文章を見た瞬間に辞めました。

 

不妊歴が長くなると、誰でも一つや二つの失敗談や、こんなことまでした、あんなことまでしたという黒歴史があると思います。

 

軽いものだと、携帯の待ち受け画面を子宝祈願の木村さんにしたり。

韓国までめちゃくちゃ高い漢方を買いに行った友達、真夏でも手首足首冷やさないようにぐるぐる巻きにしている友達。(←それ暑いだろ、やりすぎだろという感じ)

毎月何万円もサプリを飲んだり、スピリチュアルヒーラーさんにはまったりです。

 

そうなの。今となっては笑い話なんだけど、みんな真剣なんです。

一説には、不妊はがん患者と同じくらいストレスがかかるという話もある位なんです。

 

私の場合は、ヨガでこころとカラダのつながりを知り、解剖学を知り、もうちょっと自分で体を整えることが出来るのではないか?と思ったことから整体教室へ参加するようになっていました。

たまたま寄った天然酵母のパンやさんにチラシがおいてあり、ビビビと来ました。

その整体教室は、遠く北は北海道、南は九州からも生徒さんが来ていて1泊2日の合宿タイプの教室です。先生は70代。先生は、たまたま私と同じ大学出身で、親近感がわきました。本を出したり雑誌にも乗っていることから全国から身体の不調を持つ女性が集まっていました。

初参加でいきなり泊りの合宿に行くだなんて、相当わたしもキテます。今なら、ちょっと良く考えなよ、と言えるのですが、当時は必至でした。

でも、行ってみると先生は凛としていて言葉に力もあるし、何より先生に「ぐい」と押されて今まで動かなかったところが動くようになったり、「これはずごいな」と初回から感動です。

それから約一年の間、日本にいる間はその整体教室に月に1度通うようになっていました。

通っているうちに、なんか変だな、と思うこともあったのですが、これで良くなるかもしれない、という気持ちの方が強かったです。

そして、一年たった頃、ようやく、みんな洗脳されてる〰〰ということに気が付きました。(遅い・・・)

確かに、体は良くなるのですが、「こうしなければいけない」「ああしなければいけない」「先生すごい」という縛りが強くて、先生が神になっているんです。

何年も通っている生徒さんは先生の手となり足となりお手伝いをします。(奴隷!?)

 

これはやばいと思い、足を洗いました。

 

ヤバいと気が付けたのは、ティーチャーズトレーニングに参加したヨガの先生のクラスにも参加し続けていたからです。この先生はものすごく無色透明な心の持ち主で、自主性を重んじる人。わたし(というか生徒)の成長をぐいぐい押すのではなく、「本人自ら気づくのを待つ」その為のフックはかけるけどね、というスタンスの持ち主。

 

ヨガの先生がいなかったら、私もまだ整体教室の奴隷になっていたかもしれないです。ああ怖い・・・整体教室の生徒さんも皆さんすごくいい方だったんだけど、どうしているかな。不妊仲間も結構いたんだけど。怖くて連絡できないですが、元気にしているといいな。

 

私は、「こどもを作るためには手段は選ばず」のスタンスで、騙されてもいい。くらいの感じで自分が良いと思ったものは全部試してみました。でも、こんな風にそんな弱い心を利用して、怖いこともあるので、いつでも自分を失わないようにしないといけないですね。

 

ではまた。

 

 

 

治療「お休み」にします

こんにちは。

 

4度目の治療も失敗に終わりました。

 

ここで、「お休み」というのは、「治療はメンタル的にもう出来ないけど、子供をあきらめたわけではない」ということです。

 

梅ヶ丘産婦人科の院長の著書「不妊治療がよくわかる本」

 

この本の最後に、色々な形で治療を卒業していく人がいる。その一例に治療はしないけど子供を諦めたわけではないカップルの話がのっていました。ゆるやかに妊活を卒業する、そんなスタイルもあるのか。と本を読んだ時は思っていたのが、頭の片隅に残っていました。

 

そして、この一年、だいぶ疲れていたので、自分を癒すためにも少しスローペースで生きてみようと、好きなことだけして生活することにしました。

 

1人暮らしを利用して、好きな時間に起きて好きな時間に寝る、好きな時間に好きなものを食べて、食べたくなければ食べない、なんてこともしていました。

 

もちろん、妊活は忘れていなかったので、ジャンクフードをむさぼったり、お酒をがぶ飲みするってことは、なかったのです。

朝、10時ころごはんを食べて、夕方16時に食べて2食で終わりなんて日も。

これまで、オーガニックとか無添加とかにもこだわっていたのですが、オーガニックの野菜ってスーパーでは種類は少ないし新鮮でないこともしばしば。

ならば農薬が少しあっても新鮮なほうが美味しいし体にもいいのではと考え始めました。

あと、オーガニックや菜食にこだわるあまり顔色悪いな、、、という人もちらほら知っていたので。

 

この時に、気が付いたのは、こだわった良い食材もいいけれど、どんな気持ちで誰と食べるか、それが大事だな〰ってことです。

家族がいると、お腹がすいていなくてもつられて食べちゃうこともありますけどね。

 

家族の大切さや友達の大切さをかみしめて、あとは自分が人生をかけてやっていきたいことって何だろうと模索していました。

 

卵子の質を上げる方法を研究しながら、自分を大切にしながら、のんびりと生活をしていたら、2年が経ちました。

 

その2年で、大分こころも落ち着いて、大ちゃんが本帰国したら、また最後にもう一度治療してみようかな〰なんて気持ちにもなっていました。

 

もし、今、治療をするのが辛くて苦しい人がいたら、一度休んでゆっくりしてみると、また力が湧いてくるかもしれないです。治療を辞めたとたんに妊娠したというのも良く聞きますよね。

 

 

そして、この2年の間に起こったことはまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

心を凍らせて4回目の治療 顕微授精

こんにちは。

 

3回目の治療(体外受精2回、顕微授精1回)も失敗に終わりました。

 

3回目までは、「次こそは!?」という気持ちもありました。

でも「努力すれば報われる」というこれまでの価値観も木っ端みじんに砕かれ、

大ちゃんもいないのにひとりで治療することもすごく空しかったです。

そして、自分で決めたとことはいえ、海外と行ったり来たりとはいえ、日本にいる間は無職の1人暮らし。

ひとりの夕食など、ほんとーーーーに寂しかったです。こどもが出来なくて旦那さんが亡くなっちゃったらこんな感じなんだろうな。。。などと根暗なことを考えていました。

 

幸い近所に友達が多くてホームパーティーも盛んだし、趣味の友達や独身の友達と時々ワイワイとして気を紛らせていました。

まだ30代だったけど、老後はますます友達が大事だな!とこの時から実感しています。

 

この頃は、治療が上手くいかなくて、心は砕けているんだけど、「治療を辞める=子供を諦める」という思考に陥っていて、もう一回、力を振り絞って顕微授精を挑戦することにしました。

 

やり方はこれまでと同じでした。

HMG注射をしに毎日、病院に通い、採卵日を待ちます。

 

そして採卵日。

今度は12個採卵できました。今回も子宮環境を休ませるため、すぐに移植はせず、1か月後の移植です。でも、また胚盤胞まで育たなかったんですね。

 

お値段70万円です。ちーーーーん、です。

 

これまでトータル何百万円使ったんでしょうか。

この時、家や車を持っておらず現金はあったので、金銭的にはまだ続けることはできました。でも、もう自分の心が限界でした。

 

不妊治療の辞め時って人それぞれです。年齢で区切っている人、いくらまでと金額でくぎっている人。私の場合は、自分の心がもう無理だとなって辞めました。

 

そこで大ちゃんと話し合いです。

やっとゆっくり話合いました。海外と離れていたので、時差もあり、電話で話す日もあればメッセージだけの日もありました。

このメッセージのやり取りというのが、私たちには今までにない方法でセンシティブな話し合いに功を奏しました。私も考えをまとめてからメッセージを書くし、男性も文字で見たほうが理解がしやすいようですね。

 

私の気持ちは子供はあきらめられないけど、治療をするのはもう無理だということ。

大ちゃんは、家族(私)の幸せが自分の幸せだから、なんでも協力するといってくれました。

これまで流産したときや治療が失敗に終わった時、泣いている私に対してどこか冷静な大ちゃんに違和感を感じていました。私は夫婦なのに他人事みたいで寂しかったんです。

でもそれは、大ちゃんは「二人で落ち込んだらダメだ」と思っていたから。ということもメッセージのやり取りでわかりました。

女は共感したい生き物なんだけど、大ちゃんなりの気遣いもわかって再び心を通わせることが出来ました。

 

そこからは、じゃあどうやったら治療をしないで子供をつくることができるのか、ということに注目していきました。

私の問題点は受精卵の細胞分裂が止まってしまうことなんだけど、ではどうやったら細胞は分裂していってくれるのか。

どうやら細胞分裂を促すためには卵子の質を上げるしかないようだ。

では卵子の質を上げる方法はないのか、と探し始めました。